So-net無料ブログ作成
検索選択

「想い出のサマー」ブライアン・アダムス [69]

reckless.jpg
<原題> Summer Of '69
<作曲> Bryan Adams / Jim Vallance
<収録アルバム> 『Reckless』(1984年)
---------------------------------------------------------------------------

生まれて初めて観に行ったコンサートが、
高1のときクラスメートと行った、ブライアン・アダムスだ。

場所は武道館、席は一番後ろ。
豆粒ほどのブライアンの姿を、肉眼と、なぜか持っていたオペラグラスで、
交互に観ていた覚えがある。

「サムバディ」では、会場全体が大合唱。
初めての体験に興奮しっぱなしだった。

当時ブライアン・アダムスは、大ヒットしたアルバム『レックレス』のあとを受け、
『イントゥ・ザ・ファイアー』がリリースされた頃で、まさにノリにノっていた時期。

僕がよく聴いたのは『レックレス』の方で、
このアルバムからは、「ヘブン」の全米No.1をはじめ、多くのヒットが生まれた。
ちなみに1984年のビルボード年間アルバムチャートでは、
ブルース・スプリングスティーン『ボーン・イン・ザ・USA』についで2位を記録。

ポップなサウンドが主流の当時において、
Tシャツジーンズという、飾らない出で立ちそのままに、
シンプルでストレートなR&Rが新鮮だった。
それでいてキャッチーで洗練されたサウンド。

いま聴くと、けっこうポップな印象だが、
ハスキーな声で、迷わずドライヴするブライアンの歌は、いま聴いても魅力的だ。

特に好きなのは、「想い出のサマー」「ラン・トゥ・ユー」
「キッズ・ウォナ・ロック」「ロング・ゴーン」
それにティナ・ターナーとのデュエット「イッツ・オンリー・ラヴ」

「想い出のサマー」はせつない歌詞もいいですね。
またカラオケでよく歌いますが、歌っていて気持ちいいんですよ、これが。


★Today's Set
1. Summer Of '69(Bryan Adams)
2. Run To You(〃)
3. Kids Wanna Rock(〃)
4. Long Gone(〃)
5. It's Only Love(〃)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

6か9か [69]

テ-ブルの上に図のような1枚のカ-ドがあるとする。
何が書いてあるかと尋ねたら、心の素直な人はきっと「6」と答えるだろう。
だが、テ-ブルを挟んであなたの向いに誰かいるとして、
その人に同じ質問をしたとしたらどうだろう。
きっと「9」という答えが返ってくるに違いない。
もしあなたの右手に誰かいれば、平仮名の「の」と答えるかも知れないし、
左隣の人が見たら、カタツムリの絵とでも思うかも知れない。

世の中も同じで、同じモノを見ているつもりでも、
見る方向によってまるで意味が違ってくるということがよくある。
だけど、僕らはつい自分の側からだけで物事を判断してしまいがちだ。
そうした限定的な見方は、自分の属する国家、人種、宗教、性別、階層、立場など
様々なレベルによって規定される。

そのことが互いに誤解や不信を生じさせ、不幸な場合には衝突を生む。
こうした問題に突き当たったときは、お互いがいま一度目の前にあるカ-ドを、
あらゆる角度から見てみる必要がある。
ときにひっくり返したり、斜に見たり、火にあぶったりすることも必要かも知れない。

しかしどんなに角度を変えて見ても、
「9」や「の」のように分かりやすいカタチばかりとは限らない。
そんなときはなおさら、自分の側に立った見方こそ唯一の正解とでも言わんばかりに、
自分たちの価値観を相手に押し付けてしまいがちである。

だけど逆さに見た図がコチラには意味をなさなくても、
アチラにしてみれば意味のあるものかも知れないわけで。
そのことはコチラ側に留まっている以上、容易には理解しえないものかも知れない。

 

★Today's Set
1. If Six Were Nine(Jimi Hendrix


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6月9日 [69]

昨日はロック(69)の日、ということで、
ロックに生きてみようと思いました。

午前中いっぱいは寝て、
起きてもしばらくダラダラしていよう。

昼から缶ビ−ルを飲み、 AC/DCを大音量でかけ、
チュ−ニングの合っていないSGをかき鳴らす。

奇声を発しながらベッドの上で跳ねてみる。
携帯電話を折って窓から投げ捨てる。

ついでに自分も窓から外に出ていく。
目につくものすべてに悪態をつく。

友人の金で飲みに行き、
女の子をナンパしてドライブ。

拳銃でドラッグストアを襲い、軍資金を調達。
検問を突破し、パトカ−とカ−チェイス。

いよいよ追い詰められ崖からダイブ…

ってこれロックか?
なんだか「テルマ&ルイ−ズ」みたいになってしまった。

実際は10時に目が覚めたのですが、
とりあえず午前中は寝ておこうと再びベッドに。
しかしどうしてもやるべきことがあったので、
やっぱり起きてしまいました。

起き抜けの一発目は、なぜかウェイン・ショ−タ−
『Speak No Evilで…

昼は水餃子で…

やるべきことをやったら、洗濯を済ませて外出。
ク−ルなジャズ・フュ−ジョンバンドのライブを見に行ったのでした。

でも結局最後はパトカ−とカ−チェイス…
なんてことは勿論ないです。

 

★Today's Set
1. Go Faster(The Black Crowes)
2. Hound Dog(Elvis Presley)
3. Highway To Hell(AC/DC)
4. Walk This Way(Aerosmith)
5. Witch Hunt(Wayne Shorter)
6. Don't You Worry 'Bout A Thing(Groove Indigo featuring Eri Kojima)


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

6+9 [69]

広島原爆 + 長崎原爆 = 終戦記念日


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。