So-net無料ブログ作成

ジョン・レノン・ベスト20 [ベスト]

W「編集長、最近音楽の記事ばかり続いてませんかぁ。これじゃ読者が…」
編「よ~し、次の企画が決まったぞ、久々にランキングで行こう!」
W「いや、あの、聞いてるんですか!」
編「それも2回連続、1回目はジョン、2回目はポールだ!」
W「だから聞けって…」
編「わーった、わーった、そのうちスウィーツの記事書かせてやるから」
W「・・・」
編「つべこべ言ってねーで、さっさとネタ拾ってこい!このろくでなしが!」
W「…編集長のそういうとこ、嫌いじゃないです。」


1.「#9 Dream」(『Walls And Bridges』)
ジョンのポップセンスが不滅であることを証明した曲。

2.「Nobody Loves You (When You're Down And Out)」(『Walls And Bridges』)
耳元で囁くような低音が、ぞくっとするほど魅力的。じんわり沁みる名曲。

 

3.「God」(『John Lennon/Plastic Ono Band』)
組曲風の構成や衝撃的な歌詞など、自由な発想がジョンらしい。

4.「Out The Blue」(『Mind Games』)
ジョン十八番の半音下降進行が切ない。
終わりがなんとなく曖昧で、堂々めぐりのような感じも好き。

5.「Woman Is The Nigger Of The World」(『Sometime In New York City』)
静かに始まり、徐々に盛り上がっていくのが気持ちいい、何とも痛快な曲。
ジョンのたたみかけるような歌い回しがかっこいい。

6.「Jealous Guy」(『Imagine』)
メロディ、サウンドがとにかく美しい。Em6の響きが何とも切ない。

7.「Mother」(『John Lennon/Plastic Ono Band』)
究極のシンプルさ。究極のヘヴィさ。

8.「How Do You Sleep?」(『Imagine』)
ポールへの口撃というコンセプトはともかくも、曲、演奏がかっこいい。
ジョージ・ハリスンのスライド・ギターが秀逸!

9.「Aisumasen (I'm Sorry)」(『Mind Games』)
隠れた名曲。デヴィッド・スピノザのギター・ソロがいい。

 

10.「Imagine」(『Imagine』)
永遠のスタンダード。今回の選定の基準にした曲です。

11.「Beautiful Boy (Darling Boy)」(『Double Fantasy』)
1度しか出てこないサビ(?)がいい。

12.「Oh Yoko!」(『Imagine』)
シンプルで優しく美しい曲。

13.「One Day (At A Time)」(『Mind Games』)
コード進行がちょっと変態的。エルトン・ジョンもカヴァーしてます。

14.「Whatever Gets You Thru The Night」(『Walls And Bridges』)
もしかしたらジョンの作った曲の中で、もっとも速い部類の曲かも知れない。
デュエット相手のエルトン・ジョンが張り切っていて、彼の曲みたいでもある。

15.「Cold Turkey」(『Sometime In New York City』)
あえてこのライブ・バージョンを選んだのは、
麻薬の禁断症状を表現した、終盤の叫びが凄まじすぎるから。

16.「Love」(『John Lennon/Plastic Ono Band』)
禅問答のような詞がいい。それにしても気の遠くなるようなフェードインだ。

17.「To Know Her Is To Love Her」(『Rock 'N' Roll』)
ビートルズ時代もカヴァーしているフィル・スペクター作品。ここでは狂気のカヴァー。

http://www.youtube.com/watch?v=XdIo3vV6yCw 

rock_n_roll.jpg

18.「Surprise, Surprise (Sweet Bird Of Paradox)」(『Walls And Bridges』)
メロディが秀逸で、ジョンの声やサウンドからも、自信が感じられます。

19.「Give Peace A Chance 」
ゴスペルとラップを合わせたような曲。
クイーン
「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のヒントは案外この辺にあるのかも?

20.「Steel And Glass」(『Walls And Bridges』)
「Working Class Hero」と「How Do You Sleep?」を足して、
さらにオリエンタル・テイストをまぶしたような曲。
ホーンも入って、力強くヘヴィ。サビの入りのタイミングがかっこいい。


いやあ、ここに上げた曲はどの曲も甲乙付けがたく、
本当に順位をつけるのが難しかったです。

まだまだ入れたい曲もたくさんあって、
なんであの曲が入ってないんだ!って思う人もいるかも知れないですが、
ひとまずこんなところで勘弁してください。

それにしても、ジョンってけっこうバラードが多い!
一般的なイメージでは、ジョン=ロックンロール、ポール=バラード
みたいに捉えられがちだけど、それは違う。

ソロになってからは、むしろジョンの方がバラードの達人って感じだし、
ポールはいつだって、ジョンに匹敵するロックンローラーだと僕は思う。


nice!(2)  コメント(3) 

nice! 2

コメント 3

yukky_z

ジョンのソロの「ベスト20」ですかぁ?
あんまり考えたことが無かったですね~。
でも結構新鮮ですよ。やっぱ私はつくづく
[ポール派]なんですよね^^;
by yukky_z (2010-02-01 21:59) 

walrus

yukky_zさん
次はポールのベストもやるので、
楽しみにしててください。
by walrus (2010-02-04 00:29) 

walrus

ぷーちゃんさん、nice!ありがとうございます!
by walrus (2010-02-15 04:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。