So-net無料ブログ作成
検索選択

「夢の夢」ジョン・レノン [音楽の聴き方]

walls_and_bridges.jpg

<原題> #9 Dream
<作詞作曲> John Lennon
<収録アルバム>『Walls And Bridges』(1974)

-------------------------------------------------------------------------

ジョン・レノンのソロ作品で一番好きな曲。

まずタイトルがいい。記号と数字が入ってるってのが。
「9」はジョンのラッキー・ナンバーで(10月9日生まれ)、
ビートルズ時代にも「レヴォリューション9」
「ワン・アフター909」なんて曲を作ってる。

ビートルズのデジタル・リマスターが、
2009年9月9日に発売されたことを知ったら、天国のジョンも喜んだろうな。

とにかく、美しい曲。
邦題は「夢の夢」というくらいで、まさにドリーミィ
リヴァーヴのたっぷり効いたジョンのヴォーカルに、
幻想的なストリングスが夢心地へ誘う。

この曲の一番好きなところは、コード進行だ。
(僕はコード進行フェチみたいなところがある)

まずはAメロ。

|C|Em|F|E7|F|D7|F|G|G|

タイトルの「9」に引っかけてか9小節になっている!
9小節ってとても半端なんだけど、実に自然に聴かせてしまうあたり、さすがジョンだ。
試しに最後の1小節を抜いてみると、とても窮屈な感じがするから不思議。
こういうのは昔からジョンは得意ですね。

それから4小節めのE7がいい。
EmからFに行って、そのあとまたEに戻るんだけど、
今度はマイナーじゃなくてセヴンスという!

でまたF。
そしてD7に一回行ってまたF。
とちょいちょいFに戻るところとか…

まるで現実と夢の世界を行きつ戻りつ、フラフラ彷徨ってるような感じだ。

Bメロは一転、ワンコードで押し通す。

|G7|G7|G7(2拍)|G7|G7|G7|G7|G7|G7|

ここも9小節!
ただし2拍の半端な小節が入ることで、リズムが攪乱される。
これもジョンの十八番。

これにより足下が覚束なくなり、現実感を見失う。
どんどん夢の世界へ入り込んでいく感じ。

クラウス・フォアマンのベースがいい。


Cメロは一旦落ち着く感じ。

|Em9|A7|Em9|A7|Em9|A7|Em9|A7|

しかもまたもや、9にちなんでか(?)Em9というコード。
ロックの世界ではあまりなじみのないコードだ。

DメロはCメロのバリエーションといった進行。

|Em7|A7|Em7|A7|Em7|A7|

CとDはツーコードの繰り返しによる進行で、
ループ効果にも似た浮遊感と陶酔感を感じさせるパート。
まさに夢の世界にいるようだ。

ここまででもなんとなく普通じゃないのに、次のサビの展開にはぶっとんだ。
まるで違う曲が突然入り込んできたかのような唐突感。

サビのコード進行は

|Gm7|C7|Gm7|C7|Gm7|C7|
|D/F# D/E|D D/C|G/B G/A|G G/F|

前半部分はDメロの進行を2音上げたもの。

急に世界が変わるかのような、理不尽な展開はまさに夢!
ストリングスの愉快なリズムは、夢の中でダンスを踊っているようでもある。
そこで歌われるフレーズも、なんだか摩訶不思議な呪文のようなもの。

Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé

と思って歌詞を見れば…
"Two spirits dancing so strange" とあるじゃないか。
これって“2つ(どう数えるんでしょうか?)の精霊がとても奇妙なダンスをしている”
ってこと?
だとすれば、この「アバワカワポセポセ…」というのは精霊語ってことですかね。
まさに詞のイメージにぴったりのサウンド

この展開だとさすがに流れでは戻れないと思ったのか、
後半部分はオンコードのアルペジオで階段を下りるように、
そして夢から徐々に覚めるように、
テンポもゆっくりになりながら、またAメロに戻るという見事な解決法。
もう天才的!

Dからサビへの飛躍は、とにかくクセになる展開だ。

 

「#9 Dream」John Lennon


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

ぷーちゃん

オノヨーコとラブラブな映像の
オンパレードですね。
by ぷーちゃん (2010-01-06 20:18) 

walrus

ぷーちゃんさん

音楽にマッチしてますよね。

by walrus (2010-01-17 12:36) 

yukky_z

この曲でもクラウス・フォアマンを起用してるんですね。
ジョンは気心の知れたミュージシャンが好みなのかなぁ?
by yukky_z (2010-01-17 21:10) 

walrus

yukky_zさん

クラウス・フォアマンってミュージシャンとしてはどれほどのものか、
正直よくわかりませんが、少なくともジョンにはあっていたんでしょうね。
by walrus (2010-01-25 04:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。