So-net無料ブログ作成

「レット・イット・ビー」 ~胸にしみる理由(3) [音楽の聴き方]

■アーメンに代わる祈りの言葉

「レット・イット・ビー」のコード進行をさらによく眺めてみれば、
Aメロの4小節目、サビの2、4小節目が
“F-C”というコード進行になっている(赤字の部分)。

コード進行
A(Aメロ)  |C G |Am F |C  G |F C | 
B(サビ)  |Am Am/G |F C |C G |F C 

 
この“F-C”という進行は、
いわゆる賛美歌などの最後で「アーメン」というときのコード進行と同じで、
そこから、この進行で終止することを「アーメン終止」と言ったりもする。

やはり「アーメン」の印象があるせいか、
敬虔な雰囲気があり、やすらぎを感じさせる進行だ。
まさに魂を浄化させてくれるような響きといっていい。

「レット・イット・ビー」では、このアーメン進行が象徴的に使われている。

この“F-C”というアーメン進行を随所にちりばめ、繰り返すことで、
宗教的な癒しの効果が増幅されているわけだ。

そして気付いたのだが、
このアーメン進行の部分には、 すべて同じ言葉が乗っている。
(厳密には“F-C”の手前から食って入る形)

それがタイトルの「Let It Be」という言葉である。
つまり「Let It Be」とは、アーメンに変わる祈りの言葉なのだ。

■ヴォーカルの素晴らしさ

この曲はまた、ビートルズ最後のシングルとなったことから、
ビートルズの終わりを嫌が上にも痛感させられ、切ない気分にもなる。

だが、ポールの説得力のあるヴォーカルがなければ、
これほど心に響いてきただろうか。

ともすれば単調なメロディーを、
起伏を交えながら、エモーショナルに歌い上げるポールの、
真に迫ったヴォーカルが素晴らしい。

個人的には『レット・イット・ビー・ネイキッド』のヴァージョンより、
従来のヴァージョンのヴォーカルの方が好きだ。

■バンドの状況を映し出したリアルなサウンド

バックのサウンドも、
バンドの雰囲気をそのまま持ち込んだようリアルさがある。
迷走するギター・ソロは、そんな空気を象徴しているようだ。

けれどジョージのギターはロック・バンドであることを忘れないし、
リンゴのフィルも素晴らしい。

残念なのは、ジョンのベースとコーラスが、レコーディングはしたものの、
完成バージョンでは差し替えられていることだ。

ただ『レット・イット・ビー・ネイキッド』のベースがジョンだとするなら、
ポールによって差し替えられたベースも、
ジョンのフレーズをまったく無視したものでなく、
ジョンのプレイを尊重し、残そうとしているように思える。

そういう意味でも、これは紛れのないビートルズのサウンドである。
…と思うのは都合のいい解釈だろうか。

「レット・イット・ビー」は普遍的な救いの歌である。
優しく美しいメロディと単純で安定した構造のバラードは、癒しや安らぎを演出し、
また流れるようなコード進行は「なすがままに身を委ねる」
というメッセージを体現している。
アーメン進行に乗せて何度もリフレインされる祈りの言葉「Let it be」。
そこにゴスペル的な味付けをすることによって、この曲は説得力を持つ。

一方でこれはポールの心の叫びであり、
その迫真のヴォーカル、バンドの末期を象徴するサウンドは、
当時の状況を重ね合わせることで、よりいっそう胸に迫ってくるのだ。


「Let It Be」The Beatles


nice!(2)  コメント(4) 

nice! 2

コメント 4

DEBDYLAN

個人的に書いた曲が、
普遍的な曲となってみんなに届いている。

だからコノ曲は説得力があるし、
いつまでも残るんでしょうね^^。

by DEBDYLAN (2010-01-11 00:25) 

walrus

DEBDYLANさん

もう40年も前の曲なのに、未だに色褪せてないなんて凄いですよね。
きっと100年後、いや500年後も残ってるでしょうね。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。
by walrus (2010-01-17 12:53) 

yukky_z

何だかんだ言っても、スペクター・ヴァージョンの
「Let It Be」が好きです! ジョージのギターソロも
一番ロックしていて良いですよね^^
by yukky_z (2010-01-17 21:05) 

walrus

yukky_zさん

僕もギターソロはスペクター・バージョンがいいと思います。
何となく不安定なんですけど、生々しくて、ロックしてますよね。
ジョージ・マーティン版の方は、フレーズもよくないし、
エフェクトをかけてごまかしてる感じがしますよね。
by walrus (2010-01-25 04:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。