So-net無料ブログ作成
検索選択

「レット・イット・ビー」 ~胸にしみる理由(1) [音楽の聴き方]

let_it_be.jpg

<曲名>「Let It Be」The Beatles
<収録アルバム> 『Let It Be』(1970)
<作詞作曲> Lennon-McCartney

-------------------------------------------------------------------------

■「レット・イット・ビー」の魅力

クレジットレノン=マッカートニーとなっているが、もちろんポールの曲。
本国イギリスではビートルズ最後のシングルとなった。
「フリー・アズ・ア・バード」とかは除きます…)
全米1位。アメリカだけで200万枚以上の売り上げを記録。

ローリング・ストーン誌のオールタイム・グレイテスト・ソング500で20位。
ちなみにビートルズでは「ヘイ・ジュード」(8位)、
イエスタデイ(13位)に次ぐ(いずれもポールだ!)。

もはや誰もが認める超~名曲。

そんな「レット・イット・ビー」の魅力はどこにあるのか?

メロディの美しさ?・・・イエス!
普遍的なメッセージ?・・・それもイエス!
ポールの切々としたボーカル?・・・もちろんイエス!

どれもイエスだが、ひとつじゃない。

それらが有機的・合理的に結びついて、
詞の世界観(テーマ)を、音楽が見事に体現しているという点に、
この曲の魅力はあると僕は思う。

つまりそれが説得力というものだ。

■ポールの心の叫び

詞の内容は、困難な状況にある自分(ポール)のもとに、
亡き母メアリー(Mother Mary)が現れ、
「なすがままに身を任せなさい(Let it be)」
と啓示的な言葉を投げかけるというもの。

当時ビートルズという沈みかかった船を、
船頭として導こうとするポールであったが、事態は思うようにならない。

そんな中、何かにすがり、救いを求めようとするポールの心情を
この歌はリアルに表現しているように思える。

私小説家のジョンに対し、物語作家と言われるポールだが、
見方によっては、これほど個人的な歌もないのではないか。
だから余計にグッとくるのだ。

■チャリティーで歌われるわけ

この歌はまた、あらゆる困難な状況下にある人々にとって、
共感できる普遍性も持っている。

ポールがいくら否定したところで、そのような人々にとって、
「 母メアリー(Mary)= 聖母マリア(Maria)」であり、
この歌は宗教的な救いの歌として機能するだろう。

「なすがままに」というのは、一見無責任にも聞こえるが、
これは「運命に身をゆだねる」「神の御心のままに」ということで、
その先にはきっと救いがあると言いたいのだろう。
だから、どんなに絶望的な状況にあっても、希望を失ってはいけないという、
ポジティブなメッセージだと僕は捉えている。

この歌が多くのチャリティ・イベントなどで歌われるのも、
きっとそのためじゃないだろうか。

「レット・イット・ビー」が歌われた、主なチャリティー
1985 ライブエイド(アフリカ難民救済)
1987 フェリー・エイド

2001

コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ
(9.11の追悼)

 

「Let It Be」Paul McCartney (LIVE AID 1985)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

yukky_z

明けましておめでとうございます!
昨年中は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願いします^^

『ライヴ・エイド』の時は、最初ポールの
ヴォーカルが聴こえませんでしたね!
クイーンがうっかりプラグを抜いてしまった
ようですよ^^;
by yukky_z (2010-01-03 19:37) 

walrus

yukky_zさん

明けましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

> クイーンがうっかりプラグを抜いてしまった

なっ!そうだったんですか。
by walrus (2010-01-04 00:40) 

DEBDYLAN

皮肉的な言い方かもしれませんが、
ポールが曲をこねくりまわさなかったのが良かったんでしょう(笑)

シンプルだから響くモノってありますもんね♪

遅くなりましたが今年もよろしくお願いしますm(__)m

by DEBDYLAN (2010-01-11 00:13) 

walrus

DEBDYLANさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

> シンプルだから響くモノってありますもんね

そうですね。ジョンの「Mother」とかもそうですよね。


by walrus (2010-01-17 12:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。