So-net無料ブログ作成
検索選択

一夜明けて [くたばれ!ジャイアンツ]

昨日の山井の交代について、賛否両論あるようですね。

結局采配がうまくいって、日本一になれたんだから、
いいじゃないかと思うんですが、
批判的な意見の中には、勝てばいいってもんでもなかろう、
という野球観のようなものがある気がします。

僕も、ただ勝てばいいという野球は好きじゃありません。
そこには、それなりの感動があって欲しいものです。
でもだからこそ、昨日の落合監督の采配には、僕は賛成です。

今回のケースでは、山井投手の完全試合がかかっていて、
それも日本一を決めるという試合ですから、
たしかに劇的な要素は強かったでしょう。

一方で、8回までパーフェクトの投手にあえて代えて、
9回、絶対的な守護神を送り、パーフェクトリレーで勝つ、
というのも、これはこれで、ドラマチックではないかと思うわけです。

情に流されず、批判を覚悟の上で、
勝つためにもっとも確率のよい采配を振るう指揮官。
その心中はどんなものか。

個人の記録より、チームの勝利を願うからこそ、
そして何より、監督や岩瀬を信頼するからこそ、
納得して交代する山井。

相当な期待とプレッシャーの中、
3人をパーフェクトという最高の形で締め、
見事に役割を果たした岩瀬。

山井のパーフェクトというのも、確かに凄いけど、
こちらの方が、より人間的ドラマ、感動に溢れているように思います。
もちろん、うまくいったから言えることですが。

ただ本当のところはどうなんでしょう?
ニュースを読むと、山井自ら降板を申し出たようですよね。

落合なら、勝負に徹した、非情な采配をしても
不思議でないと思わせる部分があって、
初めから、交代を決めていたかのように思ってしまうけど、

もし本人が行けると言って、客観的に見ても行けるとなれば、
あるいは、続投もあったのかなと思ったりして。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。