So-net無料ブログ作成

6か9か [69]

テ-ブルの上に図のような1枚のカ-ドがあるとする。
何が書いてあるかと尋ねたら、心の素直な人はきっと「6」と答えるだろう。
だが、テ-ブルを挟んであなたの向いに誰かいるとして、
その人に同じ質問をしたとしたらどうだろう。
きっと「9」という答えが返ってくるに違いない。
もしあなたの右手に誰かいれば、平仮名の「の」と答えるかも知れないし、
左隣の人が見たら、カタツムリの絵とでも思うかも知れない。

世の中も同じで、同じモノを見ているつもりでも、
見る方向によってまるで意味が違ってくるということがよくある。
だけど、僕らはつい自分の側からだけで物事を判断してしまいがちだ。
そうした限定的な見方は、自分の属する国家、人種、宗教、性別、階層、立場など
様々なレベルによって規定される。

そのことが互いに誤解や不信を生じさせ、不幸な場合には衝突を生む。
こうした問題に突き当たったときは、お互いがいま一度目の前にあるカ-ドを、
あらゆる角度から見てみる必要がある。
ときにひっくり返したり、斜に見たり、火にあぶったりすることも必要かも知れない。

しかしどんなに角度を変えて見ても、
「9」や「の」のように分かりやすいカタチばかりとは限らない。
そんなときはなおさら、自分の側に立った見方こそ唯一の正解とでも言わんばかりに、
自分たちの価値観を相手に押し付けてしまいがちである。

だけど逆さに見た図がコチラには意味をなさなくても、
アチラにしてみれば意味のあるものかも知れないわけで。
そのことはコチラ側に留まっている以上、容易には理解しえないものかも知れない。

 

★Today's Set
1. If Six Were Nine(Jimi Hendrix)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。