So-net無料ブログ作成
検索選択

マエダ [くたばれ!ジャイアンツ]

このところ調子が出なかった。
なんだか疲れやすいし、眠いし、かといって眠れないし、
頭の中のコードはぐちゃぐちゃにこんがらがったまま、
無為に日々が過ぎていく。無力感に襲われる毎日。
あまり音楽を聴く気にもなれない。
なかなか抜け出す糸口が見つからない。

そんなとき前田の2000本安打のニュースが飛び込んできた。

僕は広島カープのファンではないが、
前田は特別な選手だ。
現役の選手の中では最も好きな選手かもしれない。

誰もが認める天才バッター。
野球ファン以外にはあまり馴染みがないかも知れないが、
あのイチローが認める(おそらく唯一の日本人)バッターといえば、
そのすごさが分かっていただけると思う。
イチローの背番号51は、前田が当初つけていた番号でもある。

決して愛想のいい男ではない。
4番を任されても、器ではないと固辞したり、
ヒーローインタビューも自分が納得いかなければ拒否する男だ。

その裏には、追い求める理想の高さ、
ストイックなまでの野球にかける真面目な姿勢、
責任感といったものがあるだろう。

完璧主義者ゆえに、ちょっとした否も見過ごせず、
ときに自己批判的な発言となって表れる。
特に怪我をして満足なプレーが出来なくなってからは
自虐的な発言が目立つ。

曰く、「いっそ両足とも切れて欲しい」「前田智徳は死んだ」
「自分はガラクタ」など。

そんな前田の姿に、
納得のいかない作品を「こんなのはクソだ」と言って叩き割る陶芸家、
あるいは、描き上がった作品が気に入らず、
キャンパスを引き裂く画家の姿を重ねてしまう。

そう、前田という男は、アスリートというよりは、
アーチストといった方がふさわしいかも知れない。

怪我さえなければ、とっくの昔に達成していた記録だったろうが、
その困難を乗り越えての記録達成には、素直に頭が下がるし、
勇気をもらった。


タグ:前田智徳
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。