So-net無料ブログ作成

「ミーン・ストリート」(1973) [映画の観方]

<原題> Mean Streets
<監督> マーティン・スコセッシ
<出演> ハーヴェイ・カイテル、ロバート・デ・ニーロ
---------------------------------------------------------------

借金は返さない。親友にも平気で嘘をつく。
おまけに短気で衝動的。
通りすがりの相手に殴りかかったり、向いのアパートに銃をぶっ放したり、
完全にネジが一本とんでいるとしか思えない。
絶対友達にはなりたくないタイプだ。
そんな絵に書いたような、どうしようもない男ジョニーを、
若きロバート・デ・ニーロが魅力的に演じる。

やっぱり、この頃のデ・ニーロは最高だ。
なんてったって、あの松田優作が意識するくらいだもの。
「レイジング・ブル」「タクシー・ドライバー」のデ・ニーロもいいけど、
個人的にはこの「ミーン・ストリート」のデ・ニーロが一番好きだ。
主演のハ−ヴェイ・カイテルには悪いけど、完全にデ・ニーロの映画だね、これは。

厄介物のジョニーを、「根はいいやつ」と言ってかばい続ける
親友のチャーリー(ハーヴェイ・カイテル)。
この映画は、そんな二人の友情を超えた物語であり、
ニューヨークのリトル・イタリーの若者の日常をリアルに描いた青春映画だ。
とまあ、簡単に言うとそういうことになる。

この作品では“魂の救済”というのがひとつのテーマになっていて、
信仰に目覚めたチャーリーは、これまでの自分の過ちを償うため、
自らに精神的な刑罰を望む(精神的マゾ?)。
それがジョニーを救うこと。

まるで二人の関係は、愚かな行為をくり返して止まない「人間」と、
その罪を一手に引き受ける、「イエス・キリスト」のようにも思えてくる。

この映画の魅力を一言で語るのは難しい。

インディペンデント系特有の向こう見ずなイキのよさ、
インプロヴィゼーションによるリアルな演技、
新進気鋭の監督のとんがったセンス、
名を挙げようと目論む若き名優たちのギラギラした演技、
アンチハリウッド的な、唐突なラスト…

しかしやはり何といっても、デ・ニーロだ!
ただ、エキセントリックでクレイジーなだけでなく、
背景にある、貧しい社会、犯罪と隣り合わせの日常、
満足な教育も受けられない環境…
といったバックグラウンドまで見事に体現している。
それは演技というものを越え、完全にジョニーに同化しているといっていい。

銃をぶっ放した後に、興奮覚めやらぬ状態の中、
銃を手に持っていることなどすっかり忘れてしまったかのように、
カイテルにあっさり銃を渡してしまうシーンの自然さがいい。

もう一つこの映画でカギとなるのが、ポップチューンの粋な使い方だ。

古くは「ウッドストック」(編集)に始まり、
ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」(監督)や
ボブ・ディランの「ノー・ディレクション・ホーム」(監督)、
「THE BLUES Movie Project」(製作総指揮/監督)といったドキュメンタリーもの、
ドラマではサックス奏者を描いた「ニューヨーク・ニューヨーク」(監督)、
「ラウンド・ミッドナイト」(出演)と
音楽そのものを題材にした作品も数多いスコセッシだけに、
音楽には相当のこだわりがあるとみえ、
冒頭のロネッツ「ビー・マイ・ベイビー」など
印象的な使い方が目を引く。

中でも特に印象深いのが、
ジョニーがチャーリーの待つ酒場にやってくるシーン。

*******************************************

赤く妖艶なライトに照らされた店内。
そこへジョニーが二人の女性を連れて入って来る。
ジョニーを見つけたチャーリー。
と、音楽が消え、チャーリーの心の声。

《 刑罰があそこにやってきました 》

すかさず「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のリフ。
スローモーションでチャーリーに迫っていくカメラ。カット。
女性を両脇にかかえ、チャーリーの元へ近付いてくるジョニー…

*******************************************

イカしたシーンだ。

ジョニーのテーマ曲のようなこの曲は、
まるでこのシーンの為に書かれたのではないかというくらい
シーンにマッチしている。

★Today's Set
1. Jumpin' Jack Flash(The Rolling Stones)
2. Be My Baby(The Ronettes)
3. Please Mr. Postman(The Marvelettes)
4. Steppin' Out(John Mayall & The Blues Breakers)
5. I Looked Away(Derek The Dominos)
6. Tell Me(The Rolling Stones)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。