So-net無料ブログ作成

『フリー』フリー [CDジャケット]

『Free』Free(1969)[UICY-6223]
<Design> Ron Raffaelli
-----------------------------------------------

アングルがすべて!

一瞬分かりづらいかも知れないけど、
よく見ると人を真下から見上げた構図とわかります。

もうこのアングルがすべて!
普段この角度から人を見ることがないだけに、
視覚的なインパクトは相当なものがあります。

大きく開き、綺麗に伸びた手足が、優雅に飛び跳ねるバレエダンサー、
あるいは空中を闊歩する鳥人を思わせます。

くっきり出ている体のラインが美しいですね。
同時にとてもダイナミックで躍動感に溢れています。

画面上で最も長い線である対角線上に開き、しかもはみ出した足。
対照的に小さく描かれた手。
極端な遠近法がスケール感を感じさせます。
この人物、なんとなく巨人に見えないですか?

体の部分は逆光で暗くなってるのかと思ったら、
星空になっていたんですね。なんともシュール。
背景の青空との対比が見事です。

画面上部中央に、普通ならあり得ないほど小さく、
バンド名及びタイトルの「Free」(自由)の文字。
うっかりすると見過ごしてしまいそうです。

しかしこの絵の人物が、まさに「自由」を掴もうとしている
と考えれば納得いきます。

つまりこの文字、人物と同じ空間、しかも手よりは高い位置にあり、
やはり遠近法で小さくなっているというのがわかります。

タイトルのPRよりもデザインを優先させたもので、遊び心がある。
そこにストーリーが付与され、ジャケットとしての深みが増しています。

しかし、レコードサイズならまだいいけどCDサイズになるとちょっとつらい。
デザインした当時は、ジャケットがこんなにコンパクトになってしまうなんて、
想像もつかなかっただろうけど。

残念なのは、僕の持ってる盤のジャケットが、あまりいい紙を使ってないせいか、
雲の白い部分に裏の文字が透けて見えてしまっていること。
上の画像でも確認できると思いますが、これはないよ〜。


タグ:フリー FREE
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。