So-net無料ブログ作成
検索選択

羽 [53]


     ・
     ・ 
     ・
     ・

落下する感覚・・・
なすすべもなく、引力に身をまかす
ただひたすら落ちてゆく
深く、深く・・・

     ・
     ・
     ・

突然降って湧いたこの状況を誰が説明してくれる?
まるで合成写真でも作るみたいに
ぼくの体は、日常のシーンから切り取られ
このいかんともしがたい状況の中へ貼り付けられたようだった

     ・
     ・
     ・

落下する男をひたすら撮り続けた、その名も『落下する男』という
前衛映画の(そんなものがもしあればだが)主人公になったみたいな気分だ

     ・
     ・
     ・

そんなことより、なんとかしなくては・・・
でもどうやって・・・
その間にも、ぐんぐんスピードは増してゆく
いっそ、どこまで落ちてゆくのか見極めるのもいい

     ・
     ・
     ・

硬く冷たいコンクリートの地面が待っているのか
それとも、ふかふかのベッドが優しく迎えてくれるのか
あるいは、どこまでも果てしなく落ち続けてゆくのか

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

そのうち何も感じなくなった
正確に言えば、あまりに長いあいだ落下し続けているために
体がこの状況に慣れてきて、はたして落下しているのか、止まっているのか
区別がつかなくなってきたのだ
体全体を無感覚の鎧のようなものが覆いはじめる

     ・
     ・
     ・

「落下」というのは 下に到達した時点で初めて「落下」として完結する
逆にいえば、下に到達するまでは、「落下は永遠に続く」ことになる
そんな落下の永遠性の中では、時間や空間は意味を持たない

     ・
     ・
     ・

もはや落下は落下の意味を失った
落下は停止した!

     ・
     ・
     ・

このまま思考を止めてしまうこともできる
だが、そのあとはどうなるのだろう?
きっと、ぼくという存在は、 非現実的な世界のシステムの中へ
徐々に取り込まれていくのだろう・・・

     ・
     ・
     ・

ところが不意に、別のある考えが浮かんだ
今までなぜ気付かなかったのだろう?
自分の背中には羽が生えている!
小さな羽だが、まあ一応は動いてくれそうだ
この羽を思いきり動かしてみたら・・・

     ・
     ・
     ・

なぜそう思ったのかは分からないが
とにかく、そう信じることにした
ある意味それはとても現実的な考えだった
現実的なメカニズムがあり、現実的な作業がある
現実的な努力を必要とし、現実的な成果がある
おそらく現実的な苦痛と不自由さをともなうだろうが
なにより現実的な希望がある
そこには時間の流れがあり、未来がある

     ・
     ・
     ・

はたしてうまく飛べるだろうか
それでも落下は止まないかも知れない
だが、少しでも落ちるスピードを抑えられるかも知れないし
ひょっとしてうまく行けば、再び上昇することだってできるだろう
とにかく羽を動かそう!

     ・
     ・
     ・

神経のひとつひとつ、筋肉のひとつひとつへ、意識を集中するのだ
意識の流れが、羽に伝わっていくのを感じるのだ
筋肉がこわばり、体全体に抵抗がかかるのを感じるのだ
羽が振り上げられ、下ろされるのを感じるのだ
空気をとらえ、からだが浮き上がるのを感じるのだ
うまくいったら、あとはひたすら動かすだけだ
上を目指して・・・

 

★Today's Set
1. Flying(Faces)
2. Little WingJimi Hendrix)
3. Feathers(The Black Crowes)
4. Flying(The Beatles)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。