So-net無料ブログ作成
検索選択

『対自核』ユーライア・ヒープ(1971) [CDジャケット]

Original Sleeve Design by Douglas Maxwell Ltd.

見て下さい。
なんと、まん中が鏡になってます!
手が映っているのがわかるでしょうか?

この鏡ジャケが欲しいがために、
1枚持っているのにまた買ってしまいました。

左が以前買った米盤ですが、あまりに違い過ぎるデザイン

ただもっと酷いのはこのバージョン

一見オリジナルに忠実なんですが、中央は鏡になってなくて
周りのグレーと同じ色で塗りつぶしてあるだけという…

「自分をみつめよ」というタイトルにちなんで鏡にしてあるのに、
これだとまったく意味がないばかりか、デザイン的にも最悪である。

鏡になっているのといないので、こうも違うものかという感じです。
このジャケは鏡になっていることで、初めて成立するデザインなんですね。
だからアーチストの意向を無視したようなこの塗りつぶし盤には、
どうも納得いきません。

そう考えると米盤は、鏡にはなっていないにしても、
鏡とはっきりわかるようなイラストになっているので、
まだ親切と言えるかもしれません。ただあまり品がよくないけど…

それにしても昔はこういう特殊ジャケが多くあったんですね。
最近の紙ジャケブームで、こういう昔の特殊ジャケが再現されてますが、
ずるいよ!また買っちゃうじゃん。この商売上手が!

この鏡に自分自身を映し出すというアイディア、
ユーライア・ヒープがオリジナルかどうか分かりませんが、
現在でも流用されているようです。

米タイム紙の2006年「今年の人」に選ばれたのは特定の人物ではなく
不特定多数の「あなた」で、その表紙は鏡仕立てになっているそうです。
つまり雑誌を手にとった人それぞれが、表紙を飾るというわけ。

このアイディア、ユーライア・ヒープを知らなければ、
もっと新鮮な感動があったのになぁ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

ぷーちゃん

この鏡付きのCDは、同じ物を持ってます。
ものすごくうすーい、紙ジャケですよね。
by ぷーちゃん (2009-08-23 14:16) 

walrus

ぷーちゃんさん
やっぱりちゃんと鏡になってないと駄目ですよね、これは。
確かに薄い紙ジャケ。当時はこれが流行ってたんでしょうか。
by walrus (2009-08-24 04:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。