So-net無料ブログ作成
検索選択

『ラバーソウル』ザ・ビートルズ(1965) [CDジャケット]




ジャケットの善し悪しが作品に与える影響は見過ごせない。
音楽が重要なのは勿論だけど、お気に入りのCDというのは得てして、
ジャケットも含めて好きだ、というケースが結構ある。

逆にジャケットさえよければもっと評価が上がるのに…
とジャケットで損をしていると思うことも。

「ジャケ買い」なる言葉もあるように、
ジャケットのデザインだけで買う人もいるということは、
それだけ売り上げにも大きく影響してくるということ。

ビートルズがこれだけ売れているのも、
ジャケットデザインの良さによるところが、
多分1割ぐらいあるんじゃないかと思う。

ビートルズは秀逸なジャケットが多いのだが、
この「ラバーソウル」は見れば見るほど味わい深くて好きだ。

斜めの構図はデビューアルバムでも用いているが、
こちらの方がよりアーティスティックであり、
文字も含め、デザインとして洗練されている。

歪んだ比率の写真、大胆に変型したフォントなどは
サイケデリックな時代を先取りしている。

なぜかジョンだけがカメラ目線なのもいい。

ちなみに、ここで取り上げてるのは洋盤のジャケット。
日本盤は文字が赤で、写真の色味もどぎつい感じで、
僕はあまり好きじゃありません。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

あまでうす

はじめまして・・・
(((((( 8-(* ̄∇ ̄)ノ”やぁやぁやぁ~

ラバーソウルに導かれ、やってきました。
このアルバムのジャケットの写真は、インパクトがありますね。
確かに、ジャケ買いする人も多いかと思います。
by あまでうす (2008-10-05 14:46) 

walrus

あまでうすさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
あまでうすさんのブログ拝見しました。
なかなかマニアックな解説、興味深いですね〜。
今度じっくり読ませて頂きます。
by walrus (2008-10-08 02:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。