So-net無料ブログ作成

2006ドイツW杯 〜9 ジダンの芸術的なPK〜 [サッカー]

フランス対ポルトガル戦、試合を決めたPKは、
ジダンのキックの技術の高さを改めて認識させられたシーンだった。

サイドネットヘ突き刺さるシュートは、
そこへ蹴ればまず間違いないだろうというPKの手本のようなシュート。

しかしキーパーのリカルドもコースを読んでいて、いい反応をしていたので、
逆に言うと、そこしかないというピンポイントの難しいシュートだった。

少しでも内に入れば、キーパーにはじかれるし、
少しでも外ならゴールポストにはじかれる。

それをプレッシャーのかかるあの状況で冷静に決められたというのは、
自分の技術に絶対的な自信を持っているからだろうし、
また、現在の彼の好調さが、精神的な余裕を生み出していたのだろう。

たかがPKであるが、名手と言われるプレーヤーたちが、
大舞台の決定的な場面でPKを外すシーン、
それも信じられないような外し方をするシーンを何度も見てきただけに、
ひょっとしてジダンも…と思ったのだが、
この男にはそんな心配は無用だったらしい。

キーパーの読み、反応も素晴らしかったが、
それを上回るジダンの完璧なキック。
ボールをセットしてから蹴るまでの間合いや
短い助走からの正確で力強いキック。
その弾道など、一連の流れが美しい。

キーパーの反応や、試合を決定付けたという意味も含め、
歴史に残るPKであったと思う。
ひとつの作品としてパッケージしたいくらいだ。

さて、決勝ではどんな活躍を見せてくれるか。
守備には絶対の自信を誇るイタリアだけに、いくらジダンでも、
これまでのようにフリーでボールを持たせてはくれないだろう。
ガットゥーゾあたりが張り付くのかな。

こうなったら、どっちが勝ってもいいから、
攻撃的な楽しいサッカーを見せて欲しい。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

Cinemanabu

こんにちわ、あのPKは本当にワールドクラスのぶつかりあいでしたね。
「そのまま、パッケージにしたい。」
と、言う言葉に共感してしまいます。
決勝戦でも、ワールドクラスのプレーの数々、期待してしまいます!
by Cinemanabu (2006-07-07 14:02) 

walrus

> Cinemanabuさん
コメント&nice! ありがとうございます。
決勝での先制点となるジダンのPKも
意表をついたアイディアでしたね。
ちょっと危なかったけど…
by walrus (2006-07-11 00:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。