So-net無料ブログ作成

松井、WBC辞退の違和感 [くたばれ!ジャイアンツ]

松井がWBC(ワ−ルド・ベ−スボ−ル・クラシック)を辞退しましたが、
これまで常にファンのことを考えてプレ−してきた彼だけに、今回の決断は残念です。
絶対出てくれるもんだと思っていたから。

城島の辞退も残念ですが、彼の場合メジャ−1年目、
しかもキャッチャ−という難しいポジションだけに、
シ−ズンに集中したいという気持ちも分からないではない。
早くから辞退の意向を表明してたしね。
また仮にイチロ−が辞退したと聞いても、これほど違和感は感じなかったろう。

しかし、王監督も淡白というか、押しが弱いというか、
もう少しいろいろ画策しても良かったんじゃないかな。
いや実際どうだったのかは知りませんが、
あまりにも泰然としすぎていたような印象があります。

ホ−クスの選手がFAなどで出ていくときにも思うんですが、
選手の気持ちが分かり過ぎるんでしょうね。
そこが、王監督の器の大きさでもあるんでしょうけど。
もし監督が長嶋だったら、松井の気持ちも出場に傾いていたかも知れません。

松井が全日本にいないことは、単に戦力ダウンということだけじゃなく、
彼の存在感、スタ−性、話題性を考えると、
チ−ムの魅力、対戦の魅力という点で大きくマイナスですよね。
イチロ−との共演や、ジ−タ−らチ−ムメイトとの対戦、
そしてなにより、ヤンキ−スの4番を張った男が全日本の4番を打つことを
ファンがどれだけ楽しみにしているか、
勿論それが分からない松井ではないでしょうが。

一方で、毎年ワ−ルドシリ−ズ制覇を義務付けられるヤンキ−スの中にあり、
今年こそ、是が非でもワ−ルドチャンピオンにならなければならない、
という使命感を強く感じているのも事実だろうし、
そのために全力を注ぎたいという気持ちもよ〜く分かる。

常に慎重に、プロフェッショナルな姿勢を貫いてきた松井が
熟考の末に出した決断なので、尊重しないわけにはいかない。

しかし、それでも敢えて言わせてもらえれば、
やはり松井は出るべきだったと思うのだ。

WBCが真剣勝負の場として相応しくないという意見もあるだろう。
確かに、シ−ズン直前の3月という開催時期、投手の球数制限、
商業主義的な側面が強いことなど、問題点もある。
だが、問題は常にあるものだ。

そんなことを言っていたら、なにも始まらないし、
今はまず一歩前に踏み出すことが大事なのではないか。
改善すべき問題はあるだろうが、それは今後変えていけばいいことで、
サッカ−のW杯やチャンピオンズリ−グなども、
一方で問題を抱えながらも、魅力ある大会として定着しているではないか。

今後、WBCが真の世界一を決めるのに相応しい、 魅力的な大会になるよう、
本当に実力のある選手が出場し、ベストのメンバ−で戦う、ということも大事だと思う。
そこがブレてしまうと大会自体の意味が無くなってしまう。
結果として選手やチ−ムにとって、ある種の犠牲を強いることになるかも知れないが、
小泉首相じゃないけど、改革というのは時として痛みを伴うものなのだ。

それにもうひとつ違和感の原因として、
球団から圧力があったのではないか、と臭わせてしまう点がある。
もしかしたら、ヤンキ−スと松井の間で契約時に、
そのような話があったのではないか、
つまり、WBCには出場しないということが条件にあったんじゃないか、
などと邪推する余地を与えてしまいかねない。
僕は勿論そんなことはないと信じてますが、
そういう可能性だってまったくないとは言いきれないわけで。

ヤンキ−スにとってみれば、ジ−タ−がWBCに参加することは、
アメリカ代表、つまり自国の代表だからまだ許せるが、
松井やAロッド(が、ドミニカ代表で出る場合)の場合、
ペナントレ−スに及ぼす影響に加え、
ライバル国の戦力アップに協力することになるわけだから、
出場してもらいたくないというのが本音だろう。

とはいえ、決まったことをグダグダ言っても始まらない。
こうなったら、松井には必ずチャンピオンズ・リングを手にしてもらわなくては!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。