So-net無料ブログ作成

ストーカー、焼き魚、子犬 [53]

知り合いの女性にストーカーされる。

僕は必死に彼女をまこうとするのだが、
彼女は僕の行くところ行くところ、先回りして待ち伏せしている。
なぜ分かるのか?そして、どうしてそんなに早く移動できるのか??

さすがにここまでは追って来れないだろうと、ある崖をよじ登る。
しかし鬼のような形相で崖を這い登ってくる彼女。こ、恐えっ!
だが、女性にはやはり厳しかったようで、途中で足を滑らせ転落してしまう。
気の毒だが、まず助からない高さである。

案の定、彼女は亡くなったと知らされる。
知り合いだったので、一応、通夜に出ることにした。
ストーキングの件は誰も知らないだろうと思っていたのだが、
彼女の両親は、僕が彼女を妊娠させたあげくに捨て、
崖から突き落として殺したと思っているようだった。
勘弁して下さいよ、ほんとに。
完全に目が疑ってるじゃないですか。

「娘の顔を拝んでやって下さい」と言われ、焼き魚を出される。
嫌な予感がしたが、おそるおそる魚を裏返すと…、そこには彼女の痛々しい顔が。
ぐえ"ぇっ!!
僕は気味が悪くなり、慌ててその場を逃げ出した。

夢中になって自転車を漕いでいるうち、いつしか急な下り坂にさしかかっていた。
しかも未舗装で、大きな石がゴロゴロしており、かなり危険な坂だ。
転倒すれば大惨事になりかねない。

注意深く下りていると、何か、ハンドルを引っ張っるものが…
よく見るとハンドルにひもが結び付けられており、その先には子犬が繋がっていた。
その子犬が、ひもを引っ張って、自転車を倒そうとしていたのだ。
子犬は女が飼っていたものだ。主人の復讐というわけか。(そもそも濡れ衣なんだけど…)

僕は片手でハンドルを操りながら、片手でひもを外そうとしたが、うまくいかない。
仕方ないので、ひもを振り回し、子犬を地面に叩きつけて“ペシャンコ”にした。
(なぜそんな残酷なことが出来たのか自分でも分からないけど)
だがそのせいで、ひもがハンドルに絡まり、ブレーキが利かぬまま
猛烈なスピードで坂を突進していくハメになった。万事休す。

と、ここで目が醒めた。
なんとも嫌な夢だ。

しばらく、焼き魚は食えそうにない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。